医学用語辞典~小児科用語辞典~

>>小児科用語辞典トップ    >>運営者情報

当サイトは、医学用語辞典の小児科用語・病名、症状などを原因・症状・治療に分けて、分かりやすく解説・紹介しております。 小児科用語に関する情報をお探しの方は、当サイトを是非ご活用ください。

小児科 カテゴリー一覧

注目の病気・症状

臍ヘルニア

臍ヘルニアは、いわゆる出べそで、へそ部分で腸等がはみ出るものである。生後3ヶ月ぐらいが一番多い。

未熟児貧血

未熟児貧血は、体重2000グラム以下で出生した未熟児のほとんどが罹患する貧血である。

未熟児網膜症

未熟児網膜症は、未熟児によく起こる、網膜の出血や混濁である。

モルキオ病

モルキオ病は、骨格が変化し、小人症の出る、先天性の骨の病気である。2歳ぐらいから発症する。

川崎病

川崎病は、全身性の血管炎で、4歳以下の乳幼児に多く発症する。心臓に合併が起こることがある。

小児がん

小児がんは、肉腫も含めた、小児の悪性腫瘍のことである。小児がんは、成人と比べ、肉腫が多い。

消化性潰瘍

消化性潰瘍は、精神的ストレスによって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こすものである。小学生以上の子供に多い。

ジフテリア

ジフテリアは、ジフテリア菌による感染症で、法廷伝染病である。幼児に多発する。伝染性が強く死亡の危険があるが、予防接種によって減少した。

百日ぜき

百日ぜきは、飛沫によって感染し、激しい咳の出るものである。

猩紅熱

猩紅熱は、菌がのど等に感染して起こる病気である。

ポリオ(急性灰白髄炎)

ポリオは、ウイルス感染によって、脊髄神経の灰白質部分が病変を起こすものである。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

おたふくかぜは、ウイルス感染により、耳下腺が腫れて、おたふくのような顔になるものである。

風疹(三日はしか)

風疹は、感染によって発疹が出るものである。

手足口病

手足口病は、ウイルス感染により、手足や口に水疱性の発疹が出るものである。

小児科ニュース


【ブックマーク】
テープ起こし / クレジットカード 審査 / 翻訳会社 / 定期預金 / すっぽん小町 / アクアフォース / 毛穴ケア / ホワイティシモ / ホットヨガ / ジョンマスターオーガニック / 土居コーヒー / まつ毛美容液 / セラムデュー / エステサロン / 南房総 不動産 / オーガニックコスメ / アロマエッセ / 利尻ヘアカラー /
歯科用語
qrコード
免責事項

当サイト掲載情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

Copyright(c)2007 医学用語辞典~小児科用語辞典~ All Rights Reserved.